FC2ブログ

意外と知らない人が多い?ライブの「予約」の重要性とチケットバックシステム。

【意外と知らない人が多い?ライブの「予約」の重要性とチケットバックシステム。】   いつもライブを開催する際、たくさんのメールを送らせてもらっています🙇🏻‍♂️空野大です。笑   今回はライブの「予約」と「チケットバック」について残しておこうと思います😊というのも、意外と知らない人が多いんだなーと感じていたからです。   僕らの様な「まだ」有名ではないミュージシャンの収入源って、皆さん、どこだと思いますか?   1.「出演の度にお店からギャラが出てるんでしょ」 2.「事務所とか第三者が払ってくれてるんでしょ」   と言われた事が何度もありますが、ライブイベントの際、お店、または主催から確定されたギャラを頂くというのは、非常に稀です。もちろん、僕や各地で活動しているミュージシャンの殆どが、活動費を払ってくれる第三者や事務所はついてません。   街のライブハウスやBAR、居酒屋などで開催されるライブの場合のほとんどが「チケットバック」というものに頼っています。 ではそもそも「チケットバック」とはなにか。 〜チケットバックシステム〜 皆さんが、ライブを観るときにお店に毎回支払ってくれている「チケット料」または「ミュージックチャージ料」がありますね。そのチケット料からアーティストに還元されるお金の事を「バック」と言います🌿 この仕組みを【チケットバックシステム】 または【チャージバックシステム】 と言います。 ------------------------------------------ ※例/チケット料金…2,000円の場合 還元率...お客さん1人目から50% お店に入るお金=1,000円 アーティストに入るお金=1,000円 ※還元率やバック条件はお店によって異なる ------------------------------------------ となります。 今回の例では、お客さん1人目から50%という条件で記載しましたがとても好条件なお店です。お店によっては「5人目から500円バック」「3人目から40%バック」などなど様々です。 バックが出ないお店も中にはあります。それを「悪」だと決めつける人もいますが、運営するお店の趣旨と演奏するアーティストの活動趣旨が合致しているのであれば問題ないかと思います。「お金よりも楽しくできればオーケー!」それも1つの形ですね😊でも、新しいお客さんを呼んでくれた場合、ミュージシャンに対して感謝は示す必要はお店にもありますし、逆に、お店がお客さん呼んでくれたのなら、お客さんを呼べなかったミュージシャンはお店に感謝すべきだと僕は思ってます😊 そしてなによりも、来てくれたお客さんに心からの感謝を! 話が少し逸れましたが、まとめると お店でのライブイベントの場合、ご興味あるミュージシャンにご予約いただくと、お支払いして頂くチケット料金がミュージシャンへ還元され、ミュージシャンのギャラとなります。それはミュージシャンの生活費、今後の活動費となります🌿 ※予約不用なイベントもたまにあります。 ということです👌 今回は予約とチケットバックに焦点を絞ってお話しましたが、CDなどの物販も大切な収入源です。機会があれば、CDができる工程なども、お話しますね😊 『沢山の人に自分の音楽を聴いてもらいたい。』これは本心で大前提ですが、活動続ける為、生きていく為には、ミュージシャンに限らず、どんなお仕事でも働いたらその分のお金はどうしても必要になります。なので、僕も「迷惑かな〜」なんて不安も抱きながら、「予約」をしてもらえるように、ライブ情報のメールを送らせてもらっています😅スイマセン 予約の重要性、チケットバック。 まだ知らない人には知って頂けましたでしょうか🍁 演者側の都合なので、書く事を悩みましたが、教えても損もないし、知っても損はしないと思ったからです😊 払って頂いた料金以上の価値を音楽で返せる様に、僕らも歌います。でも、本当に大切な事は音楽の善し悪し以上に、チケット料金の中に含まれている「応援してくれている人の気持ち」「人への感謝への気持ち」を1番に大事にして、蔑ろにしない事だと思っています。 そんな気持ちで、今日もステージで皆さんに向き合いたいと思っています😊 長くなりましたが、読んでくれてありがとうございました🍂🐈 今後ともよろしくお願いします! 【11月🍁福島巡り】※本日から ◆11/21 会津若松 アングラ鉄板焼きマギー ◆11/22 喜多方 音楽酒場おんつぁげす ◆11/23 坂下町 くま福 ◆11/25 郡山 ピークアクション 【12月🎄】 ◆12/4(金) 三重 伊勢ゲストハウス風見荘 ◆12/5(土) 和歌山 Music Cafe MILI ◆12/6(日) 京都 城陽市kagu CAFE ◆12/9(水) 大阪 What'sUp? ◆12/12(土) 京都 宇治waoya ◆12/13(日) 兵庫 BOP CAFE KOBE ◆12/15(火) 愛知 名古屋ROLLING MAN ◆12/20(日) 東京 ゴキゲンヤガレージ 詳細 https://www.daisorano.com/live
スポンサーサイト



疲れちゃったよSNS~トンビが踊る~

色々な情報が行き交い、結局何が本当で何が正しいのかわからなくなる。


個人的なものから、正しいと思った情報を拾って自分からも発信している。

もちろん、発信に至るまでには自分で調べてから。

今回のハッシュタグの件もそうだけどね。


けれど、自分で調べても、間違う事も当然ある。

間違った情報を載せてしまったとき、

あ~やっちまった~と感じるし、それなりに勉強してるとはいえ、

それなりは、それなり。

浅い知識が露骨になったときはモロに恥ずかしい。

ダサいな~と思う。何度もある。


でも、俺はそれでいいとも思ってる。

間違った事を載せてたら、それは違うんじゃない?って教えてくれる人がいて、

その間違いに気づかせてもらって、もう一度勉強し直せばいい。

間違ってたのか?これはもしや違うのか?

と指摘をもらって考え直した内容に関しては削除するようにしてる。

そんな、情報に踊らされる自分にも疲れちゃったよ。


それと、

俺が直接浴びせられたわけじゃないけど、

SNSには言葉の暴力が絶えないし、

間違いをバカにしてる人達の言葉には本当に疲れる。

あなた達は、一度も間違えずにこれまで生きてきたのかね。

顔が見えていないなら、何を言ってもいいのかね。


間違ってたら優しく教えてあげたらいいのにね。

間違えたら、確認して受け止めたらいいのにね。


でも、それができないんだろうね。

悲しいね。


不特定多数の人がその情報に目を通すわけだから、

できるだけ間違った情報は載せないのが一番良いのかもしれないけど、

沈黙が絶対的に正しいわけではない。

だからといって、発信が絶対的に正しいとも違う。


色々な情報が行き交い、結局何が本当で何が正しいのかわからなくなる。

黙ってたら結局、見て見ぬふりになってしまう気がするから

だから勉強して発信を…って話が元に戻るなあ~笑



コロナの影響もあって、スマホを見る時間も極端に増えたのも事実だし、

伝えたい事をネットにしか載せる事しかできない今だから、

「なんでこの時期に!?」と本当に腹が立った。

それと同時に、すこしSNSに偏り過ぎている…依存してるとも感じた。

完全に踊らされている。



発信するのはSNSが全てじゃないのはわかってたはずなのに、

見てくれている人が多いという認識から、無意識にSNSを選んでしまっているのかもしれないなあ。



沈黙はしない。しちゃいけない。

自分が暮らす、自分が活動していく国の事を他人事にしたくない。

発信する場所をSNSだけだと勘違いしない。

そうしよう。



話は変わるけど、

最近、自分のメッセージ性のある音楽に疲れてしまうのは、

主張が強いからなのかもしれないなあ。


幻想ばかりも見ていたくはないし、

現実ばかりも見ていたくはない。


このバランスがとっても難しい。


最近は秘密基地で、草の上に座って

のんびり過ごしている時間が何よりも心地良い。


「トンビが踊る」

という曲をそこで描いて歌いました。

今の自分にとってもしっくりくる。




今は捨てて、自由に飛びたいな!

声を失う日。


声を失う日
来ると思う。

明確な根拠はないけれど、
そんな風に感じる。

俺の声は生まれつき高くて、かすれていて、
中学、高校をむかえても

「大ちゃん、声変わりしてないの?」

と言われ続けてきたから、
自分の声にずっとコンプレックスを抱いていたんだよね。

でも音楽と出会って、
この声は自分の武器なんだと知った。

初めて出会った人には、よく声で覚えられている。

「その声で空野さんってすぐわかりました!」

なんて言われたら、そりゃあめちゃくちゃ嬉しいもんだよ!


でもきっと、この声は長く持たない。

今のままでは。


音楽を約10年間休止して30歳になってから、
東京のライブハウスでしっかり活動をするようになった。

そりゃあもう、遅れた分を取り返すのに必死だよ。

10代の頃に歌っていた感覚で、30代の今を歌っている。


でもわかる。

“歌、無理してる”

って。


10代の頃みたいに、すんなり出てくれない。
筋力の衰えが原因なのか、
歌い方を知らないだけなのか、
年齢と共に声帯が衰えてきているのか…。

どんな理由があれ、
今のままの歌唱では、かならずその時がくると感じている。


声を失う日。



だから現状を変えなきゃいけない。

この身体、手足、目、鼻、口、耳、声。

すべて両親が与えてくれたものだから、
失いたくないという気持ちが強いし、

声を失ってしまったら・・・
なんて考えると不安で仕方がない。

自分から歌が消えてしまう事が怖い。

だから変えなきゃいけない。

歌唱法。

歌唱法が変われば、
きっと自分の音楽も少なからず変わると思う。

高音に強い。
かすれてるけど、綺麗な高い声。

自分に才能があるとするのなら、多分「声」だと思う。

でも、そんな才能に頼り過ぎてもダメだし、
その才能を上回る努力が必要だとも感じる。

作曲センスは人並。
作詞センスは人並。

でも、声だけは自分の才能、素質、与えられたものだと
本気で信じている。

でも使いこなせていない自分の「声」

自分の才能だからこそ、頼りきったら文字通り潰れちまうな。





最近、ボイスメンテナンスをしてくれる皐月さんという方に出会った。

地元福島のミュージシャンとの繋がりから、その皐月さんに
ボイスメンテナンスをお願いしたんだ。

コロナの影響もあって、まだ1度しか受けられていないけれど、
たった1回でも収穫はたくさんあった。

電話でも俺の気づかないところを見てくれて、
背中を押してもらった。




コロナウイルスのこの中、
大きなニュースも自分で掴みとった。
(まだ内緒だけど、コロナ終息したらね。)

プレッシャーやばい。でも、最高に嬉しいニュース。
目標の一つ。あくまで一つ。
それは通過点でしかないんだけど、すごい事!
(言いたくて仕方ないやつ 笑)

「いつだって今の自分に満足はしない。」

音楽をやる為に仕事を辞めた。
自分の信念として刻んだんだよ。

今も変わらないよ。

まだまだ変わっていけそう。
変化は止められない止まらないかっぱえびせん。
未熟なのは、下手なのはまだ伸びしろがあるから。
直ぐにブレるのは、どんな風にもまだ変われるから。


10年、20年、30年、
この声と共に生きていく。

その為に自分から変わっていこう。


声を失う日は

絶対に来ない!



■YOUTUBE、最近動かしてます。
チャンネル登録よろしくお願いします!⇒こちら


・ONE SHOT
その名の通り、一発録りです。失敗したらそれも味。録り直し無しのONE SHOT動画。


・ONE LIFE
終息するまでの期間、僕の生活をすこしだけ残していきます。




特に強いメッセージがある訳ではないけれど。

最近なかなか気持ちの整理がつかないので、 書きたい事を書こうと思う。マイナス→プラスの話になっていきます。     コロナウイルスの影響で世の中の空気の流れが とてもマイナスの方向に傾いてる。 日本だけでなく世界的にどんよりとしてる感じ。   よくあんべした。アニメやゲームのお決まりの設定で 魔王が不気味な笑みを浮かべて地球を水晶玉の様に両手で囲ってさ。そんで、魔王の口からコウモリやモンスター達が吐き出されて、   「世界を闇に染め、新世界を創るのだあ…」   とか言って、各地で四天王がモンスターに指示を出して混乱を招いていく。   ほんで、人々の不安や憎しみが爆発、蔓延していった地球が真っ黒い雲に覆われていくやつね。 (例えが長い) 話が早速違う方向に逸れてしまったけど… そんな雰囲気に似た、マイナスの空気が流れてるよね。     個人的にも煽りを受けて、3月にライブを数本キャンセルし一時的にステージに戻ったけど、改めて3月末から4月全てのライブを全部キャンセルした。   中には自分にとってチャンスになりうるライブもキャンセルさせてもらった。   普段は自分自身だけには根性論を叩きつけて、ミュージシャンである以上、何がなんでもステージに立ちたいと思っているんだけど、今回ばかりはそうもいかなかった。   「無症状で保菌している可能性。」   自分は絶対大丈夫と思ってもいるんだけど、そんな自分を疑う自分もいたし、被害者になるよりも加害者になる事を考えたら、人前には立てないと思った。   事情が事情だから仕方ないと言い聞かせつつも、 今までライブのキャンセルなんてした事はなかったので、 こんなに心をすり減らされるものなのかと…。 正直、胃がキリキリしましたね。笑 でも誰かの健康や命にはかえられないからさ。   とても悔しいし、罪悪感もある、自分がダメな人間なんじゃないかって本当に一瞬だけ思ってしまったけど、 今回のキャンセルは、自分にとって最善の選択だと思っています。   向き合ってくれたお店、皆さんの優しさと人間力には感謝でしかないです。   また生かされてるなあと感じました。ありがとう。     世界がマイナスに向かうほど、プラスに持っていこうとする気持ちがこれから本当に必要だと思う。 それが、家族と向き合う表情、会話、音楽、SNS、 草の揺れ方や、ツバメの飛ぶ高さ、 ヒラを打ちキラリと光る魚にだって、一瞬でも前向きになれる要素は潜んでるから、それぞれの生活の中で見つけられたいいね。 そんな小さな事が重って声に出せば、 ドラゴンボールZでいう、悟空の超元気玉みたいに 悪い奴をやっつけられる様にならないかなー   なるかもしれないね。   綺麗事かよーと怒られるかもね。 俺も綺麗事は嫌いなんだ。笑 でも、とっても必要な事なんだよ。     マイナスな空気を沢山食べて吐き出したし、 その他にも、政治にも国の対応にも言いたい事は山ほどあるんだけど、   SNSじゃなくちゃんとプラスのエネルギーとして声に出して歌にして、行動にしたいと思います。 ちゃんと行動、実践すれば綺麗事じゃなくなるよ。   何か楽しい事を今はネット上で発信できるように色々と模索中。   それぞれの最善を尽くして、 大切な人の為に、自分の身を守っていこう。同時に、 自分の身を守る事で、大切な人を守っていこう。   先は長い!         長々と下手くそな文章を最後まで読んでくれてありがとう! IMG_3902.jpg

6月の企画ライブ

6月の福島県内での企画ライブの告知です!会津若松、郡山の2DAYSとなっています!平日の夜となりますが、会津、郡山共に、皆さんの平日数時間だけ頂けませんか?

また、パンチのあるアーティストを福島に招きました!

【上福物語とは。。。】
福島へ行ってみたい!と言ってくれた、各地で活躍しているミュージシャン達を本当に“上福”させ、歓福する企画。

------------------------------------------------------------------------------
◆6月18日(火) 会津若松 會ベーグル
上福物語 会津編

阿部浩二(東京)/金谷好益(大阪)/菅野創一朗/空野大

OPEN/18:30 START/19:00
チケット/1,000円(Drink代別)

------------------------------------------------------------------------------

◆6/19日(水) 郡山PEAK ACTION
上福物語 その2

和製ケビンandらっきょ(大阪)/金谷好益(大阪)/Kumajiro/菅野創一朗/黒沢アキト/空野大

OPEN/18:30 START/19:00
前売/1,500円 当日/2,000円(drink+500円)

------------------------------------------------------------------------------

ここからは、東京、大阪から来てくれるミュージシャンの紹介をさせて頂きます!

【阿部浩二】
http://ucoa.web.fc2.com/

1986年、沖縄生まれ。愛媛で19歳までなんとなく育ち、上京。ギターを片手に世界中を旅するストリートミュージシャンになる。現在は東京を拠点に年間約300本にも及ぶライブ活動をヒッチハイクなどで移動しながら全国各地で行っている。ライブのない日も毎日ストリートライブを行い、投げ銭と手売りCDの売り上げのみで生活。今まで手売りだけで売り上げた自主制作CDは、1万枚以上に上る。

2018年1月21日
「品川きゅりあんホール」にて
ホールワンマンライブをおこない350名動員する

2019年4月10日
「赤坂BLITZ(マイナビBLITZ赤坂)」にてワンマンライブをおこない1000名動員の大盛況で終える。

※空野から一言※
行動力=阿部浩二。阿部ちゃんとは埼玉のライブハウスで出会いました。ナイフの様に鋭い歌詞と、誰にも媚びない“自分の歌”を唄うシンガーソングライター。

------------------------------------------------------------------------------

【金谷好益(かなやよしみ)】
https://kanayayoshimi.jimdo.com/

1989年9月9日生まれ。関西を中心に関東、名古屋でも精力的に活動中。身一つ、ギター1本で何にだって立ち向かう。日常的な言葉が散りばめられた歌は時に感情的で時に柔らかくて、金谷好益そのものが映し出されている。喜怒哀楽がはっきりと描かれた楽曲はあなたの日々に入り込む。

2012年4月28日
心斎橋 AtlantiQsにて、共同企画スリーマンライブ「声が届くまで」を開催。 森ミキ、田中千尋とともに140人を動員した。 同年9月に初のレコ発企画ライブを行い、東名阪ツアーに回る。

2013年9月11日
2nd single「あしたへ向かう」 TOWER RECORDS難波店限定発売。 発売週インディーズチャート5位。

2015年1月
1st mini album「スタートライン」発売。

2016年6月
1st album「やさしいうたがうたいたい」をリリースし、北は青森、南は福岡まで全国ツアーを敢行。
同年12/9にツアーファイナルを迎えた。

※空野から一言※
大阪遠征で二度連続して対面。福島のいわきに歌いに行く事があると聞き、迫水秀樹とも繋がりがある彼女に「縁」を感じてオファーしました。そんな直感って意外に大事。

------------------------------------------------------------------------------

【和製ケビン】
https://waseikeving.jimdo.com/

年間200本のペースでライブを精力的に行いながらこれまでにシングル5枚アルバム1枚を発表。2016年には全都道府県ツアーを敢行。2018年には開歌1000言として1300人キャパの豊中文化芸術センター大ホールでの公演を成功させる。

2014/2
バンド活動を経てソロ活動開始。

2014/12
自身初となるワンマンライブをライブバー酔夏男にて開催。同時に3曲入り1st singleCD「僕は音楽なんて信じない」発売。

2015/04
2nd singleCD「路上の歌」発売。

2015/07
2度目となるワンマンライブをライブバー酔夏男にて開催。同時に3rd singleCD「金麦」発売。

2016/12
全都道府県ライブを達成。ツアーファイナルは大阪阿倍野ROCKTOWNにてバンドワンマン「それでも人が好きだ」開催。同時に9曲入り1st AlbumCD「Can you see it ?」発売。

2017/05
3度目となる完全生音ワンマンライブをライブバー酔夏男にて開催。

2017/06
小寺隆太、木下徹と共にイベント「開歌1000言」を豊中市文化芸術センターにて開催。

2018/09
開歌1000言として1300人キャパの豊中文化芸術センター大ホールでの公演を成功させる。同時に4曲入り4th singleCD「30歳」発売。

2019/02
5th single「雨」発売。

※空野から一言※
大阪で初めて対バンしたときに「高速道路」という曲にハマった。物静かな性格の中に、しっかりと光を追いつづけるものを感じて、出会ったその日にオファー。偶然居合わせた、カホン奏者のらっきょ君と出演。

------------------------------------------------------------------------------

阿部浩二君は会津。金谷好益ちゃんは会津と郡山。和製ケビン君とらっきょ君は郡山へ来てくれます!

それぞれの人生を音楽に変えて、全国各地で活動しているミュージシャン達です。それぞれ異なる色を楽しんでもらえたら嬉しいです!

皆さん、ご予約お待ちしています!

------------------------------------------------------------------------------

予約はこちらのアドレスへ

20190618_02.jpg

0619_flier02.jpg